2004年11月

日向ぼっこデビュー

妙齢とは言いがたいが、高齢とも表しがたい年齢の男性に声をかけられた。
かけられたのはミニピン吉(飼い主)ではない。フォルテ君である。

とうとう、可愛いらしい生き物を抱いていないと男性にも声をかけられなくなったミニピン吉…

それはさておき、「食うかな?」って、
おいおいムッシュー、それは無かろう。困った 
食いませんよ、ムッシューの酒のつまみのサラミソーセージなんかびっくり
フォルテ君は都民になっていまだ、水でふやかしたPRO PLANしか口にしたことが無いのにぃ。

しかもムッシュー、「食べなくてもいいからとっといてくれ」って…ちょっとちょっとぉ。
「知らない人には何かもらっちゃダメよ」という親からの遺言ですので…とも言えない。
ご好意だけ受け取らせていただきました。

フォルテ君は、サラミより噴水が上がる音が気になっていたようだ。ひと安心。笑顔

寝癖

フォルテ君は、寝癖がつく。
起きると、大概どちらかの耳がひしゃげている(笑)
こんなところが愛らしいハート
などと感じてしまう、ミニピン吉。

しかし昼間はフォルテ君にこき遣われ、噛み付きまくられ、
共生する前の「しっかりしつけるゾ」意志はどこへやら落ち込み

一応今日の夜初めて、一回で「おすわり」できたけどね祝拍手
まぐれかもしれないし。

再診

皮膚がカビていたので、病院へ再診。
シャンプーの効果か、皮膚はまぁまぁ良くなった様子。安心ウインク
そして咳待ち。
…出ない。
緊張すると、咳も出なくなるのか?
お医者さんを待たして、咳が出ずにチーが出たアウト
乳母をお願いして外出。23時近くに帰宅すると、共存2号、「カハッ!」
…12時間前に、して欲しかった…咳…困った
様子診。

シャンプーデビュー。…とは言わないか。
皮膚を洗うことを勧められ、初シャンプー温泉
ところがお湯をかけた瞬間から、咳き込み始めた音量
どうした、共存2号困ったびっくり
咳き込みは夜まで続いた。
あまりに心配で、「かじりもの」系の「牛背筋」も与えるのを控える。
「カハっ」という感じで、肺が悪いというよりは、
かじりついてみたフリースやタオルの糸くずがのどに絡まって
空咳を出しているような印象を受ける。
共存1号、夜も寝ている気がしない。

病院デビュー

健診のため、病院デビュー。
待合室に、犬犬×10頭。
フォルテ君、固まる。フリーズ雪
飼い主さんたちが、赤ちゃんのフォルテ君をちやほやしてくれる。
なんだか、自分が誉められたような錯覚の、共存1号。
犬を飼っている、それだけで、待合室に居るみんなが昔からのお友達のよう。
和気藹々(わきあいあい)笑顔笑い笑顔
一方、共存2号であるフォルテ君は、あまりに緊張して疲れて、
共存1号の膝の上で現実逃避睡眠に入る。呼ばれるまで爆酔ZZZ
追記:なんとなく、共存2号の名前が「フォルテ」もしくは
「フォルテ君」「フォルちゃん」であることを、本犬は自覚しているらしい。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ