健診のため、病院デビュー。
待合室に、犬犬×10頭。
フォルテ君、固まる。フリーズ雪
飼い主さんたちが、赤ちゃんのフォルテ君をちやほやしてくれる。
なんだか、自分が誉められたような錯覚の、共存1号。
犬を飼っている、それだけで、待合室に居るみんなが昔からのお友達のよう。
和気藹々(わきあいあい)笑顔笑い笑顔
一方、共存2号であるフォルテ君は、あまりに緊張して疲れて、
共存1号の膝の上で現実逃避睡眠に入る。呼ばれるまで爆酔ZZZ
追記:なんとなく、共存2号の名前が「フォルテ」もしくは
「フォルテ君」「フォルちゃん」であることを、本犬は自覚しているらしい。